借金問題の解決相談におすすめする弁護士、司法書士口コミランキング

借金問題の相談におすすめする弁護士&司法書士ランキング

岡田法律事務所
岡田法律事務所
岡田法律事務所
フリーダイヤル 0120-529-026
過払い報酬 20%
任意整理 20,000円
個人再生 要相談
自己破産 要相談
岡田法律事務所公式ページ
樋口総合法律事務所
樋口総合法律事務所
樋口総合法律事務所
過払い報酬 20%
任意整理 39,800円
個人再生 要相談
自己破産 要相談
樋口総合法律事務所公式ページ
アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務事務所
過払い報酬 16%〜18%
任意整理 139,000円〜
個人再生 280,000円
自己破産 250,000円
アヴァンス法務事務所公式ページ

借金問題解決を弁護士に依頼するメリットについて

弁護士に借金問題の解決を依頼すると、慈善事業で債務者を助けているわけではありませんので、当然費用が発生します。そもそもお金に困って借金をしてるのに、費用がかかっても弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼する人は増加傾向にあります。それには依頼するだけのメリットがあるからです。現在抱えている借金問題を解決するための近道は債務整理を得意とする弁護士などに相談するということです。

 債務整理を行うためには、ある程度の時間と法律的な知識が必要となります。選択する債務整理の方法によっては、裁判所への手続きが必要となります。弁護士や司法書士に依頼することによって、借金問題解決に必要なすべての手続きを代行してもらうことが出来るという点が大きなメリットとなります。

 一口で債務整理といっても、個人個人のケースによって最適な債務整理の方法は異なります。債務整理には、任意整理・民事再生・自己破産・過払い金返還請求といった種類が存在しており、それぞれにメリットとデメリットがあります。弁護士や司法書士に依頼することによって、相談者にはどの債務整理が最適なのかを判断してもらうことができ、相談者に最適な債務整理の方法で手続を行なってもらうことができます。

 過払い金返還請求を行なう場合には、これまでの取引に関する取引明細(取引履歴)をお金を借りている貸金業者に開示してもらう必要があります。個人が開示請求を行なった場合には、スムーズに取引明細の開示に応じない貸金業者も存在しています。しかし、法律の専門家が代理人となって、開示請求を行なった場合には、ほぼ間違いなくスムーズに対応してもらえます。

 費用をかけても、弁護士や司法書士に債務整理を依頼する最大のメリットは、自分で行った場合と結果に大きな差が生じるということです。法律の専門家の交渉力は、素人とは雲泥の差があります。例えば、債務整理の中の任意整理に関しては、債権者と債務者との話し合いによって、利息分をカットするなど借金の額を減らす交渉が行なわれます。自分で交渉するのと、債権者となる貸金業者VS法律の専門家で交渉するのとでは、結果に違いが出るのは当然のことです。

 債務整理を依頼した時点で、貸金業者からの借金の取り立てがストップするということもメリットとして挙げられます。借金問題はまだ解決していなくても、依頼しただけで債権者は手が出せなくなりますので、取り立てのストレスから解放されるというわけです。依頼した後は、債権者との和解交渉が成立するまで、すべての手続きを代行してもらえます。借金問題は一人で抱え込まずに、専門家に依頼されることをおすすめします。

借金問題を相談する際の弁護士費用について

借金問題を弁護士に相談した際の弁護士費用について、ご紹介します。借金問題を解決する手段が債務整理となります。債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産・過払い金返還請求という種類があります。そして、選択する債務整理によって弁護士費用は異なります。

 それぞれの債務整理の弁護士費用の相場については、もっとも選択される借金問題の解決法である任意整理の相場は、着手金が1社につき3万円前後、成功報酬の相場が10万円前後となっています。次に、個人再生については、着手金の相場が40万円前後、成功報酬の相場が減額された金額の10%?20%が相場となっています。

 次に、自己破産については、着手金の相場が40万円?60万円前後で、成功報酬はありません。ただし、自己破産の場合には、裁判所費用が発生します。裁判所によって多少の違いがあるのですが、予納金が10,290円、印紙代が1,500円、切手費用が4,000円となっています。最後に、過払い金については、着手金の相場が20万円前後、成功報酬の相場が40万円前後となっています。

 そもそも任意整理の中で出てくる「着手金」とは、弁護士に相談・依頼した際に、最初に支払うお金のことであり、「成功報酬」とは、依頼内容が実現した場合に支払うお金のことです。着手金・成功報酬が分割払いにできる弁護士事務所や、着手金0円という事務所も存在しています。

 債務整理は、いずれの方法も法的に借金問題を解決できる手段となります。ただし、それぞれの債務整理には、メリットとデメリットが存在しており、個人個人の借金の状況によって最適な債務整理の方法は異なります。弁護士に相談することによって、相談者にもっともベストな債務整理の方法を提案してもらうことができます。

 確かに依頼すると弁護士費用が発生するのですが、債務整理には時間と法律の知識が必要となります。また、債権者と素人が交渉するのと法律の専門家が交渉するのとでは、明らかに交渉力に差があります。弁護士費用はかかるものの、トータル的に考えれば対費用効果に非常に優れているために、多くの方が弁護士に相談しているというわけです。

 自己破産とは異なり、任意整理や個人再生は借金の返済は続けていく債務整理となります。前述しましたように、もっとも選択される任意整理については、債権者と債務者とで借金利息分のカットの話し合いを行うのですが、この話し合いの場で弁護士の交渉力がものをいいます。自分で交渉するよりもはるかにトータルで支払う借金の額を少なくすることができます。

 弁護士に依頼した時点で、債権者となる貸金業者からの取り立てがストップしますので、精神的なストレスから解放されます。後は、債務整理の手続きが完了するのを待つだけです。弁護士に依頼することが借金問題解決の近道となります。

借金問題の解決には弁護士の無料相談会を活用しよう

借金問題は親戚の間で持ち上がったことがあります。我が家は誰も借金をしておらず、それが家訓でもあるからです。しかし、親戚とはいえ、身近な存在ということもあり、見て見ぬふりはできません。そこで、多少なりとも相談に乗ってあげることになりました。ただし、借金を肩代わりするつもりはありません。あくまでも相談に乗るだけのことです。

いろいろ親戚の話を聞いてみたところ、これは素人ではどうにもならないと感じました。つまり、弁護士の力が必要だと思ったのです。その点を親戚にも話してみたのですが、弁護士に相談するとなるとその費用がかかるから無理だと言われてしまい、ズルズルとそのままの状態が続くこととなってしまいました。

ある時、無料相談会というものがあることを知ったのです。最近は無料で相談会を開いている法律事務所が増えてきているということを知りました。このような会に参加すれば、当然、親戚も費用をかけずに済みます。 まずは情報を調べてみました。定期的に開催されているところもあれば、毎回のように行っているところもあります。できるだけ幅広い内容に対応してくれそうなところを選択しました。これによって、さすがの親戚も参加してみようという気持ちになってくれて、一緒に参加することになりました。

借金問題の無料相談会は、いろいろなところで行われているようです。莫大なものになってしまったという人も居れば、少額でも家族や他人に知られたくないということで相談に訪れている人も居ました。親戚の場合、少額をいろいろなところから借りているので、その点をひとまとめにした方がいいというアドバイスをいただくことができました。

よく、おまとめローンという言葉を目にしたり、耳にしたりすることがあるのですが、ローンを全てまとめてしまうことで、多少はお得となることがあるそうなのです。このようなアドバイスをいただけたことで、早速、やってみることにしました。すると、少しお得な額になりました。これだけでも一歩前進です。

後は、弁護士のアドバイスどおり、地道にコツコツと返済していくことになりました。相談に乗ってくれた弁護士によると、この程度ならまだ莫大な額とは言えないそうです。まだ返せる可能性はあると言われました。そのため、親戚とも励まし合って、これからもコツコツと返済していこうということになったのです。

もちろん、私たち家族は一緒に返済しませんが、アドバイス的な形でこれからも近くで見守り続けたいと思っています。思い切って、その道の専門家に相談に行って正解でした。相談したことで、親戚もやる気を出してくれたからです。借金問題を解決するためには、無料相談などをうまく利用して、詳しい人に相談することは重要だと感じました。

当サイトの更新情報・お知らせ

地域別ページを追加しました
過払い金請求おすすめ弁護士8選!法律事務所相談ランキングを追加しました

↑ PAGE TOP